中日本高速道路は30日、中央自動車道をまたぐ三つの橋の耐震補強工事で鉄筋不足が判明した問題に関する、第三者委員会の調査結果を公表した。第三者委は工事業者の問題に加え「施工管理体制が十分な機能を果たさず、ずさんな現場管理を見逃した」と同社の不備を指摘した。

 報告書によると、3橋のうち緑橋では、鉄筋を組み立てる計2回の作業のうち、2回目の分の鉄筋がまったくなかった。工事を受注した建設会社「大島産業」(福岡県宗像市)側の工程表で2回目の作業が抜け落ちていたことが原因とみられる。他の2橋でも鉄筋の断裂や不足などがあった。