トヨタ自動車が4日発表した2021年4〜6月期連結決算は売上高が前年同期比72.5%増の7兆9355億円、純利益が約5.7倍の8978億円で、いずれも4〜6月期としては過去最高となった。国内外での販売増が業績を押し上げた。

 コロナによる景気落ち込みからの回復が早い米国や中国を中心に新車需要が拡大。世界的な半導体不足の影響を抑え、生産を続けることで需要の取り込みに成功した。

 22年3月期の業績見通しは世界的な半導体不足の解消の見通しが立たないことなどから従来予想を据え置いた。売上高は前期比10.2%増の30兆円、純利益は2.4%増の2兆3千億円を見込む。