特許庁が明治の主力チョコレート菓子「たけのこの里」を商標登録したことが20日、分かった。同庁によると、食品の立体的な形状が商標として認められるケースは珍しい。商標権で守られ、他社は模倣品の製造ができなくなる。

 「たけのこの里」は円すい形のクッキーにミルクチョコレートをかけた明治の看板商品。2020年度は同社の菓子商品の中で1979年の発売以来初めて、売上高が首位となった。新型コロナウイルス下の巣ごもり需要を捉えた。

 商標は、自社の商品やサービスを他社のものと区別するために使うマーク。文字や図形に加え、97年から立体も対象となった。