仙台市のアイリスフーズは17日、ペットボトルの「富士山の天然水」など3商品にカビの一種が混入した可能性があるとして出荷済みの計約860万本を自主回収すると発表した。