【ニューヨーク共同】17日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は続落し、午前10時現在は前日比83.88ドル安の3万4667.44ドルをつけた。ハイテク株主体のナスダック総合指数は50.05ポイント安の1万5131.87。

 米長期金利が上昇したことを受けて、投資妙味が低下するとされるIT関連銘柄の売りが先行した。新型コロナウイルスの感染再拡大への懸念も、相場の重しとなった。