【ニューヨーク共同】22日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は反発し、前日比338.48ドル高の3万4258.32ドルで取引を終えた。上昇は5営業日ぶり。経営危機に陥っている中国の不動産大手、中国恒大集団への過度な懸念が和らぎ、買いが優勢となった。

 中国恒大の主要グループ企業が23日に期日が来る社債の利払いを実行すると発表し、デフォルト(債務不履行)をひとまず回避する見通しとなったことが好感された。上げ幅は一時520ドルを超えた。

 ハイテク株主体のナスダック総合指数は続伸し、150.45ポイント高の1万4896.85で終えた。