【北京共同】経営危機に陥っている中国恒大集団は23日、市場で債務不履行の懸念が高まっていた社債の一部の利払い日を迎えた。中国メディアによると、経営トップの許家印主席は22日深夜、社内の会議で「工事や販売を全力で再開、回復させる」と述べた。

 恒大は期日が23日の人民元建て社債の利払いを実行すると22日に発表した。利払い額は2億3200万元(約39億円)。実際に支払ったかは発表していない。

 米紙ウォールストリート・ジャーナルは23日、中国当局が地方政府に対し、恒大の経営破綻による混乱に備えるよう指示したと報じた。恒大を安易に救済しない方針とみられる。