【ニューヨーク共同】15日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は続伸して始まり、前日からの上げ幅が一時300ドルを超えた。この日発表された9月の米小売売上高が好調だったことから、米景気回復への期待が高まり、買いが先行した。

 午前10時現在、前日比302.66ドル高の3万5215.22ドルをつけた。ハイテク株主体のナスダック総合指数も続伸し、28.52ポイント高の1万4851.95。

 金融のゴールドマン・サックスの決算が増益だったことも相場を支えた。