シャープが2022年春に米国でのテレビ事業再参入を検討していることが18日、関係者への取材で分かった。経営危機で米国での一般消費者向けテレビから撤退していたが、親会社である台湾の鴻海精密工業の工場を活用することで競争力を高め、米国での事業拡大を目指す。

 動画配信プラットフォームを手掛ける米ロクと提携し、ロクのソフトウエアを標準搭載した4Kの大型液晶テレビを販売する。

 シャープは16年に中国の海信集団(ハイセンス)に「アクオス」ブランドの販売権を供与し、米国でのテレビ事業から撤退した。