【ニューヨーク共同】20日のニューヨーク原油先物相場は続伸し、指標の米国産標準油種(WTI)の11月渡しが、前日比0.91ドル高の1バレル=83.87ドルとなり、終値として2014年10月以来、約7年ぶりの高値を更新した。需給逼迫への警戒が継続し、一時84ドル台まで上昇した。高値水準が続き、企業収益の圧迫やガソリン価格の高騰による家計への影響が懸念される。

 米エネルギー省エネルギー情報局が発表した米週間石油統計で、原油在庫が市場の予想に反して減少したため、需給状況への警戒感が強まった。コロナ禍からの経済活動の再開が進み、エネルギー需要は増加している。