米コンサルティング会社インターブランドは21日、世界で事業展開する企業の2021年のブランド価値ランキングを発表した。日本勢は7社がトップ100に入り、最高は前年と同じ7位のトヨタ自動車。1位は9年連続で米アップルだった。

 インターブランドは財務力や将来性などを金額に換算し、ブランド価値を比較している。トヨタは「CASE(ケース)」と呼ばれる電動化などの次世代技術や、静岡県裾野市に建設中の実験都市「ウーブン・シティ」などの先進的な取り組みが評価された。

 日本勢でトヨタに次いだのはホンダの25位。部品不足による生産停滞などで前年の20位から順位を落とした。