岩手銀行と秋田銀行は27日、包括業務提携を結ぶことで合意したと発表した。それぞれの県内でトップ行である強みを生かし、地域課題の解決や新たな事業分野での協業、オフィスの共同化などに取り組む。人口減少による地域経済の縮小で経営環境が厳しさを増す中、新型コロナウイルス禍で苦しむ地域経済を支える。

 提携の名称は「秋田・岩手アライアンス」。秋田銀の新谷明弘頭取と岩手銀の田口幸雄頭取が同日、秋田市で記者会見した。新谷頭取は「従来のビジネスモデルでは持続性の高い経営は困難。これまでの協力関係から踏み込んで構造改革を進め、収益を上げたい」と述べた。