【北京共同】中国の民間調査機関、胡潤研究院が27日に発表した今年の中国富豪ランキングによると、経営危機に陥った中国恒大集団のトップ、許家印主席は前年の5位から70位に後退した。債務不履行の懸念を背景に恒大株が値下がりしたことなどが影響したとみられる。

 2017年は首位だった許氏の今年の資産額は730億元(約1兆3千億円)。前年から約7割減り、資産の減少幅はランキング最大だった。

 首位は、農夫山泉の創業者の鍾センセン氏で、資産額は3900億元だった。動画投稿アプリ「TikTok」を運営するIT企業、北京字節跳動科技創業者の張一鳴氏は3400億元で2位。