【北京共同】中国広東省政府は3日、経営危機に陥っている中国不動産大手、中国恒大集団の中核子会社に、経営正常化に向けた政府の作業チームを派遣すると発表した。同日、恒大トップの許家印主席を呼び出して事情を聴き、恒大の要請で決めたとしている。今後、地方政府レベルで恒大の危機回避に向けた動きが進む可能性がある。

 派遣先は不動産部門の子会社である恒大地産集団。恒大は3日、財務状況から見て今後の債務返済を履行できるかどうか見通せないとする公告を出した。