関西スーパーマーケットとエイチ・ツー・オー(H2O)リテイリンググループの統合差し止めの仮処分を取り消した大阪高裁は8日、スーパー、オーケー(横浜市)の許可抗告を認める決定をした。オーケー側が明らかにした。関西スーパー争奪戦の舞台は最高裁に移ることになった。

 大阪高裁は7日、関西スーパーの主張を認め、神戸地裁による経営統合の差し止め仮処分決定を取り消した。オーケーは不服として同日、最高裁の判断を仰ぐため高裁に許可抗告を申し立てていた。オーケーは8日、「最高裁でも主張を尽くし、真摯に対応していきたい」とコメントした。