萩生田光一経済産業相は18日の閣議後記者会見で、新型コロナの影響で売り上げが急減した中小事業者向けの「事業復活支援金」の申請受け付けを、早ければ1月末にも開始する方針を明らかにした。給付の上限は法人が最大250万円、個人事業主は50万円で、地域や業種は問わない。

 萩生田氏は「厳しい中小企業を支えるために創設した。1月31日の週に受け付けを開始したい」と述べた。給付開始時期は明言しなかったが、別の「月次支援金」などの約7割が申請から4週間以内に給付された状況を目安として説明した。