三菱地所は26日、ビル屋上に第5世代(5G)移動通信システムの基地局を取り付ける鉄塔などの設備を国内約千カ所に設置すると発表した。5年間で300億円を投じる。5Gをつながりやすくし、ビルや町全体の価値向上につなげる。まずは東京・丸の内の丸ビルに設置し、4月ごろからNTTドコモなど大手携帯電話4社に提供する。

 自社以外のビルにも取り付け、所有者との調整を三菱地所が担う。基地局は携帯各社が取り付け、ビルオーナーらに利用料を支払う。郊外や過疎地域での展開も目指す。