損害保険大手のあいおいニッセイ同和損害保険が、新納啓介取締役常務執行役員(56)を社長に昇格させる人事を固めたことが26日、分かった。4月1日付。金杉恭三社長(65)は会長に就く。社長交代は6年ぶり。近く取締役会を開き正式に決める。

 新納氏は現在、商品企画や自動車保険などを担当している。自然災害の激甚化やデジタル技術の進展で事業環境が変化する中、持続的な成長を目指す。

 新納 啓介氏(にいろ・けいすけ)早大卒。88年大東京火災海上保険(現あいおいニッセイ同和損害保険)。常務執行役員などを経て、20年6月から取締役常務執行役員。岡山県出身。