【ニューヨーク共同】米電気自動車(EV)大手テスラが26日発表した2021年12月期決算は、純利益が前期の約7.7倍となる55億1900万ドル(約6300億円)だった。世界的な環境規制強化を背景にEVの販売が好調だった。供給網の混乱による半導体不足も代替品を確保してしのいだ。

 初の年間黒字を達成した20年から大幅な成長を遂げ、テスラは声明で「もはやEVの可能性や収益性を疑う余地はないはずだ」と強調した。

 世界販売は87.3%増の93万6222台。量販車「モデル3」がけん引役となった。主要自動車メーカーの仲間入りの目安とされる100万台に近づいた。