27日午前の東京株式市場の日経平均株価(225種)は大幅続落した。下げ幅は一時700円を超え、取引時間中としては2020年11月以来、約1年2カ月ぶりの安値を付けた。米連邦準備制度理事会(FRB)による金融政策の正常化への警戒感から売り注文が優勢となった。

 午前終値は前日終値比690円00銭安の2万6321円33銭。東証株価指数(TOPIX)は37.47ポイント安の1854.38。

 前日のFRBのパウエル議長による会見は、金融引き締めに積極的な姿勢を示したと受け止められた。