27日の東京株式市場の日経平均株価(225種)は大幅続落した。終値は前日比841円03銭安の2万6170円30銭と約1年2カ月ぶりの安値水準となった。米国が新型コロナウイルス危機対応の金融政策を正常化するペースへの警戒感が広がり、半導体関連や海運などの銘柄が値を下げ、全面安の展開だった。平均株価は2日連続で昨年来安値を下回り、前年末終値に比べ、年明けから約1カ月で計2600円余り下げた。

 27日の平均株価の下げ幅は一時960円を超え、2万6000円割れ寸前となった。東証株価指数(TOPIX)は49.41ポイント安の1842.44。