【北京共同】米ブルームバーグ通信は27日、経営危機に陥っている中国不動産大手、中国恒大集団について中国当局が分割を検討していると報じた。不動産管理と電気自動車(EV)部門を除く資産の大半を売却し、拡大路線で肥大化した「帝国」を解体する。事情に詳しい関係者の話としている。

 恒大が本社を置く広東省政府が再編案として提示したという。売れ残った不動産資産は中国政府系の不良債権処理会社、中国信達資産管理が取得するとしている。

 中国信達は恒大の取締役会や、債務問題に対処する「リスク管理委員会」に名を連ねている。