りそな銀行は17日、トラックの荷台部分にATMや相談窓口を備えた移動型店舗「りそなモバイルバンク(愛称・移動店舗 りそな号)」の営業を始めた。大手銀行では初の取り組みとしている。銀行業界ではデジタル化の進展に伴う来店客の減少などで店舗の統廃合が進んでいるが、対面で相談したい需要は一定程度あると見込み、東京都と大阪府で導入を決めた。

 車内には行員2人が常駐し新規口座の開設、資産運用や住宅ローンの相談などに応じる。担当者は「従来の店舗とほぼ同じサービスを提供できる」とアピールした。