三菱電機の外部専門家で構成する調査委員会は25日、一連の検査不正に関する3回目の報告書を公表し、昨年12月の2回目の報告書発表以降、15拠点で計101件の不正が新たに判明したと明らかにした。