東芝は26日、6月28日に開催予定の定時株主総会に提案する取締役候補者13人を公表し、大株主「物言う株主」の海外ファンド幹部2人を受け入れる方針を明らかにした。前社長で取締役会議長を務める綱川智氏は取締役を退任し、後任の島田太郎社長が新たに取締役に就く。取締役会議長には、企業の合併・買収(M&A)助言会社会長で、社外取締役に就任する渡辺章博氏を充てる。

 取締役候補者は5人の社外取締役で構成する指名委員会が決めた。定時総会で提案通りに決まれば、物言う株主の影響力が強まる可能性がある。