伊藤ハムは5日、ハム・ソーセージや調理加工食品221品目について10月1日から内容量を減らす実質値上げや価格の引き上げを行うと発表した。主力ソーセージ「アルトバイエルン」は希望小売価格を据え置き、内容量を約127グラムから約120グラムに変更する。

 同社のハム・ソーセージの値上げは3月に続いて今年2回目。原材料価格の高騰やエネルギーコストの上昇を理由としている。「朝のフレッシュ ロースハム」などは価格を引き上げる。