旅行大手のJTBは7日、夏休み(7月15日〜8月31日)の旅行動向について、国内旅行人数は前年比75.0%増の7千万人になりそうだと発表した。1人当たりの平均費用は7.6%増の3万5500円で、消費総額は2兆4850億円。いずれもコロナ禍前の2019年に近い水準まで回復すると見込んだ。

 ただ、旅行動向の調査は東京都などで新型コロナの陽性者が増加傾向になる前の6月22〜24日に実施した。感染者が増え続ければ、宿泊施設のキャンセルなどで旅行需要が減る可能性がある。

 ことしは19年比で、旅行人数が96.7%まで回復。平均費用も97.3%まで戻るとみている。