【北京共同】中国自動車工業協会が11日発表した7月の新車販売台数は前年同月比29.7%増の242万台だった。新型コロナウイルスの影響による打撃からの回復基調が続き、2カ月連続で前年実績を上回った。7月としては過去最高を記録した。減税など中国政府による購入支援策も追い風となった。

 内訳は、乗用車が40.0%増の217万4千台で、セダンとスポーツタイプ多目的車(SUV)がけん引した。一方、商用車は21.5%減と、排ガス規制の影響で苦戦が続いた。

 電気自動車(EV)など「新エネルギー車」は、約2.2倍の59万3千台と高い伸びを維持した。