内閣府が15日発表した2022年4〜6月期国内総生産(GDP、季節調整値)速報値は、物価変動を除く実質で前期比0.5%増、このペースが1年続くと仮定した年率換算は2.2%増だった。3四半期連続のプラスとなる。3月末に新型コロナウイルスのまん延防止等重点措置が解除されて行動制限がなくなり、個人消費が拡大して全体をけん引した。

 実質GDPの金額は年換算で542兆円。19年10〜12月期の540兆円を超え、新型コロナ流行前の水準を回復した。ただ消費税増税前の19年7〜9月期までは550兆円を上回る規模が続いており、この水準には至っていない。