【ニューヨーク共同】19日のニューヨーク外国為替市場の円相場は円がドルに対して大幅下落し、一時1ドル=137円22銭と7月下旬以来、約3週間ぶりの円安ドル高水準を付けた。米長期金利が上昇し、日米の金利差拡大を意識した円売りドル買いが進んだ。

 午後5時現在は、前日比1円12銭円安ドル高の1ドル=136円96銭〜137円06銭を付けた。ユーロは1ユーロ=1.0035〜45ドル、137円39〜49銭。

 FRBの高官からインフレ抑制に向けて利上げ継続の必要性を強調する発言が前日から相次いだ。