米グーグルは7日、2021年から24年までの4年間で総額1千億円を日本に投資する計画を発表した。インターネット関連設備の強化や、デジタル人材の育成に充てる。千葉県印西市には、同社として日本初となるデータセンターを23年に稼働させる方針だ。

 来日中のピチャイ最高経営責任者(CEO)が7日、岸田文雄首相と面会し、日本社会のデジタル化を支援する「デジタル未来構想」を伝えた。ピチャイ氏はブログで「デジタルの恩恵をさらに多くの人に広げていきたい」と説明した。

 グーグルは千葉のデータセンター開設で、利用者が使うサービスの安定性を高めるなど使い勝手を向上させる。