連合は1日、千葉県浦安市内で中央委員会を開き、2023年春闘で5%程度の賃上げを求める闘争方針を正式に決定した。過去7年にわたって4%程度としてきた要求水準を引き上げ、歴史的な物価上昇を踏まえた賃金を目指す。

 芳野友子会長は、労働者が物価高、円安、新型コロナウイルス禍の三重苦の中にあると強調。「1990年代後半からの慢性デフレから脱却するにはとにかく賃上げが必要だ」と訴えた。

 10月に発表した23年春闘の基本構想によると、基本給を一律に引き上げるベースアップ(ベア)を月給の3%程度とし、定期昇給分と合わせて5%程度の賃上げを要求する。