内閣府が7日発表した10月の景気動向指数は、景気の現状を示す一致指数が前月比0.9ポイント低下の99.9だった。2カ月連続で悪化した。基調判断は「改善」で据え置いた。