【ニューヨーク共同】米アップルは7日、iPhone(アイフォーン)の利用者向けに、クラウドサービス上のデータ保護の強化といった情報漏えい防止策を発表した。ハッカーからのサイバー攻撃にさらされている著名人や、厳しい情報管理を求められる職種の人らのニーズに応えた。

 クラウドサービス上に保存されている写真やメモのバックアップを高度に暗号化することを選べるようにする。また、アップルIDにログインする際の認証手段を厳格化したり、メッセージアプリが傍受されていないことを確認したりすることも可能になる。