JR東海は9日、リニア中央新幹線の東京・品川駅付近で進めているトンネル工事の進捗状況などに関する沿線住民向けの説明会を東京都品川区で始めた。会場は住民が自由に出入りでき、説明パネルや模型を見たり、職員に質問したりすることができる。

 JR東海の担当者は「来場者に分かりやすく展示しており、リニアをイメージしながら理解してもらいたい」と話した。

 この日は品川区の説明会場を報道陣に公開した。会場では、リニア中央新幹線の計画や技術的な仕組み、トンネル工事の概要を解説するパネルを展示。トンネルを掘るのに使うシールドマシンやリニアの模型も置いた。