ホンダは18日、小型ビジネスジェット機「ホンダジェット」で国内を移動できる新サービスを始めたと発表した。富裕層が多いインバウンド(訪日客)需要などが見込まれ、機体を保有しなくても乗れる「シェア」の形でジェット機の活用を広げる。旅行会社は新サービスを生かし、地方の観光スポットを巡る商品の提供に動き出した。

 当面は旅行会社などの法人向けで今月から開始した。ホンダが一般向けに直接提供することも検討する。

 法人向け料金は公表していないが、旅行会社のジャパンチケット(東京)が18日発表した関連ツアー料金は1人150万円以上となっている。