農林中央金庫(農林中金)の奥和登理事長は20日、東京都内で開かれた全国漁業協同組合連合会(全漁連)の総会に出席し、2025年3月期連結決算が巨額の赤字に陥る見通しとなったことに関連し「大変な不信感、心配をいただいている」と謝罪した。

 農林中金には全漁連のほか、全国の漁協や農業協同組合(JA)も出資している。奥氏は「24年3月期は利益を確保したが、配当することができなくなった。心からおわびする」とも述べた。