【ブリュッセル共同】英中央銀行イングランド銀行(BOE)は20日、政策金利を5.25%に維持すると発表した。据え置きは7会合連続。ベイリー総裁は声明で「物価上昇率が目標の2%に戻ったのはいいニュースだ」と評価した上で、インフレ再燃のリスクを見極めるため金利を維持すると説明した。

 英統計局によると、5月の物価上昇率は前年同月比2.0%で、2021年7月以来の低い水準だった。食品などの価格上昇は鈍ったが、BOEが重視するサービス価格は高止まりしている。

 BOEは21年12月以降、インフレを抑制するため利上げを急いだ。23年8月に引き上げて以降は5.25%に据え置いている。