絢香、「なりたい自分」を紡ぐ 作詞時の心掛け語る

絢香、「なりたい自分」を紡ぐ 作詞時の心掛け語る

 歌手の絢香が東京都内で、第22回手帳大賞の表彰式に登場。思わず手帳にメモしたくなる「名言」を選ぶ部門の審査員を務め、シンガー・ソングライターとしての言葉との向き合い方を語った。

 手帳大賞は手帳販売大手「高橋書店」が主催。「名言大賞」には2万通を超える応募の中から、9歳女児が友達と大げんかし、「一生遊ばない」と言い合った後で発した言葉「明日また友達になる」が選ばれた。

 受賞作について絢香は「大人になるとなかなかできないし、浮かばない。シンプルだけどなんてすてきな言葉なんだろう」と感銘を受けた様子。作詞をする際の心掛けを聞かれると「メロディーと言葉の相性を常に考える」「なりたい自分や、こうしたいと思うことを紡いでいくことが大事だと思っている」と話した。

 絢香は今回、高橋書店のために楽曲「365」を書き下ろし、名言大賞の受賞作をモチーフにした映像作品(特設サイトで公開中)で使用されている。


関連記事

共同通信の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

いまトピランキング

powered by goo いまトピランキングの続きを見る

エンタメ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

エンタメ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索