NGTメンバーの暴行関与認めず 第三者委、私的交流は問題視

 新潟を拠点にするアイドルグループ「NGT48」メンバーの山口真帆さん(23)が暴行被害に遭った事件で、グループの運営会社AKS(東京)は21日、弁護士3人による第三者委員会の調査報告書を公式サイトに掲載した。他のメンバーの加害行為への関与は認められないと結論付けた。

 AKSは加害者側に民事上の法的措置を検討している。22日午後、新潟市内で記者会見する。

 報告書は、事件はファンである加害者らの行き過ぎた行為と指摘。握手会などのイベントを機に、一部のメンバーとファンが私的に交流していた事実を問題視した。


関連記事

共同通信の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

いまトピランキング

powered by goo いまトピランキングの続きを見る

エンタメ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

エンタメ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索