元東映常務の坂上順氏死去 「ゴルゴ13」をプロデュース

 坂上 順氏(さかがみ・すなお=映画プロデューサー、元東映常務)18日午前1時8分、多臓器不全のため東京都内の病院で死去、79歳。旧満州(中国東北部)生まれ。葬儀・告別式は既に行った。喪主は弟の直(ただし)氏。

 62年東映入社。73年プロデューサーとして映画「ゴルゴ13」を担当。「野性の証明」「動乱」など高倉健氏主演の映画作品に数多く携わった。20日死去した降旗康男監督の「鉄道員(ぽっぽや)」(99年)で、優れた映画製作者を顕彰する「藤本賞」受賞。

 他に「ホタル」「半落ち」「明日の記憶」など。


関連記事

共同通信の他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

いまトピランキング

powered by goo いまトピランキングの続きを見る

エンタメ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

エンタメ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索