京アニや代替わり報道議論 マス倫懇の分科会、高知

京アニや代替わり報道議論 マス倫懇の分科会、高知

 新聞社や放送局などでつくるマスコミ倫理懇談会の第63回全国大会は19日、高知市で分科会を開いた。京都アニメーション放火殺人事件の犠牲者氏名を巡る報道については「被害者とメディアをつなぐ新たな枠組みが必要」といった意見が出たほか、天皇の代替わり報道ではお祝いムード一色の雰囲気に警鐘を鳴らす指摘もあった。

 京アニ事件を取り上げた分科会では、基調講演した曽我部真裕京都大教授(情報法)が被害者の実名報道に批判が出たことを踏まえ、「社会の理解を得られていない背景には、マスコミと被害者の間に報道の被害について認識のギャップがある」と指摘した。


関連記事

共同通信の他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

いまトピランキング

powered by goo いまトピランキングの続きを見る

エンタメ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

エンタメ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索