北海道で「江差追分」の全国大会 哀愁の旋律、歌い手競う

北海道で「江差追分」の全国大会 哀愁の旋律、歌い手競う

 哀愁漂う旋律で知られる北海道の民謡「江差追分」の第57回全国大会の決選会が22日、北海道江差町で開かれた。一般の部は、北海道苫前町の漁師久野絹枝さん(51)が初優勝を果たした。

 大会は20日から3日間、7〜89歳の358人が少年、一般、熟年の3部門に分かれて競った。久野さんは「信じられない。息子と娘に応援に来てもらって心強く歌えた」と涙を流した。少年の部は秋田県鹿角市の中学3年ライリー大仁さん(15)、熟年の部は札幌市の泉章蔵さん(71)が優勝した。


関連記事

共同通信の他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

いまトピランキング

powered by goo いまトピランキングの続きを見る

エンタメ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

エンタメ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索