日本将棋連盟は18日、新型コロナウイルス感染拡大の影響で、2月7日に宇都宮市で予定していた第46期棋王戦(共同通信社主催)5番勝負第1局の日程、会場を6日、東京都渋谷区の将棋会館に変更すると発表した。20日に金沢市で開催される第2局以降は予定通り行う。

 栃木県にも1月14日から政府の緊急事態宣言が出され、第1局会場の宇都宮グランドホテルが休業(18日〜2月28日)となった。感染拡大もあり、代替対局場の確保が難しいことから宇都宮市での対局は中止された。

 今シリーズは、9連覇が懸かる渡辺明棋王(36)と、初獲得を目指す糸谷哲郎八段(32)が対戦する。