パトリック・デュポンさん(フランスのバレエダンサー)フランスのメディアによると5日、死去、61歳。死因や亡くなった場所は明らかにされていない。関係者によると数カ月前から進行の早い病気を患っていた。

 59年パリ生まれ。70年にパリ・オペラ座のバレエ学校に入り、80年に21歳でバレエ団の最高位エトワールに上り詰めた。天才的な技術と華麗でエネルギーにあふれた表現で観客を魅了。フランスではバレエ愛好家にとどまらず一般大衆にも知られるスーパースターとなり、日本や米国でも多くの人気を集めた。90〜95年にはパリ・オペラ座バレエ団の芸術監督も兼務した。(パリ共同)