東京都千代田区は13日、皇居・東御苑にある「三の丸尚蔵館」の整備に伴う発掘調査で、徳川氏による江戸城の最初期の石垣が見つかったと発表した。当時の絵図や、出土した磁器片や木製品の年代から、1610〜20年ごろに造られた可能性があり、同区は「最初期の姿をとどめる貴重な遺構」としている。

 区によると、見つかった石垣は当時の堀の一部とみられ、高さ約4メートル、南北に幅約16メートル。石を7段程度積み上げたもの。

 石垣は一般公開せず、埋め戻して保存する。三の丸尚蔵館を管理する宮内庁は、調査成果の活用を検討する。