福島県南相馬市に実在する映画館を舞台に、再建に奮闘する女性を描いた映画「浜の朝日の嘘つきどもと」(9月10日公開)の完成報告イベントが東京都内で開かれ、主演俳優の高畑充希が登場した。高畑は「とても温かい、すてきな映画ができました」と自信を見せた。

 経営不振の映画館「朝日座」を立て直すため、東京の映画配給会社に勤めていた莉子(高畑)がやって来た。福島県出身の彼女は、高校時代の恩師(大久保佳代子)との約束を守るため、小さなうそをついてでも再建を果たそうと奮闘する。

 試写の感想を問われた高畑は「自分の演技は冷静に見られていないが、他のキャラクターは魅力的で、どれも好きになった。作品を通じて全国の映画館が元気になればいいなと思う」と話した。

 イベントに出席した大久保は「私の女優史上、最もボリュームのある役で、せりふが多かった」と振り返った。

 大久保から撮影現場で「どこまでせりふを頭に入れておくべきか」とこっそり相談され、「最悪、(台本を)置いて読んでしまえばいい」と答えた高畑。大久保は「カンニングしろと言われたんです。いいアドバイスをもらった」と話し、笑いを誘っていた。

 登壇したタナダユキ監督は「演技が、脚本を書いた時の想像を超えるものだった」と2人を褒めたたえていた。