アングラ演劇で活躍し、テレビドラマ「3年B組金八先生」などに出演した俳優の李麗仙(り・れいせん、本名大鶴初子=おおつる・はつこ)さんが22日午前、肺炎のため東京都杉並区の病院で死去した。79歳。東京都出身。葬儀は近親者で行う。喪主は俳優の長男大鶴義丹(おおつる・ぎたん)さん。

 1960年代から劇作家の唐十郎さんらと劇団「状況劇場」で活動し、個性的な演技で「アングラの女王」と評された。78年のNHK大河ドラマ「黄金の日日」に出演。「金八先生」第4シリーズで堅物の教頭を演じて存在感を示すなど、映像の分野でも活躍した。

 大鶴さんは、元夫の唐さんとの長男。