将棋の藤井聡太二冠=王位・棋聖=(19)が豊島将之叡王(31)に挑む第6期叡王戦5番勝負の第1局は25日、東京都千代田区で指され、95手で先手の藤井二冠が先勝した。

 叡王戦で藤井二冠は初獲得を目指す。第2局は8月3日に甲府市で行われる。

 鋭い終盤力を発揮し、三冠を目指して白星発進の藤井二冠は「攻め合いにできればと思っていた。第2、3局が続けてあるので状態を整えて臨みたい」と話し、敗れた豊島叡王は「分からないまま指して、駄目になってしまった」と振り返った。

 叡王戦5番勝負は1日制で、持ち時間各4時間。先に3勝した方が叡王を獲得する。