サラリーマン漫画の先駆とされる「フジ三太郎」などの作品で知られる漫画家サトウサンペイ(本名佐藤幸一=さとう・ゆきかず)さんが7月31日午前11時30分、誤嚥性肺炎のため東京都立川市の病院で死去した。91歳。名古屋市出身。葬儀・告別式は近親者で行った。喪主は妻みどりさん。

 1929年名古屋市で生まれ、大阪市で育った。50年に百貨店の大丸に入社。大阪店で勤務の傍ら漫画を描き始めた。退社後の61年に活動拠点を東京に移し、65年から朝日新聞で4こま漫画「フジ三太郎」の連載をスタート。91年9月まで約26年、8168回にわたり連載を続けた。